西濃運輸株式会社 駒形ビジネスセンター 榊原壮さん 35歳 アルバイト

西濃運輸株式会社
駒形ビジネスセンター 榊原壮さん 35歳 アルバイト

アパレル業界からの転職、ふたたび物流の世界へ

西濃運輸でアルバイトとして働き始めて2年半。ビジネスセンターで所定エリア内の商品の集荷・配達をメインに、時々新規営業活動で法人のお客様への訪問を行っています。

前職は、異業種のアパレル業界で副店長をしていました。仕事は楽しかったのですが、将来に不安を感じるように。些細なことかもしれませんが、お客様にご来店していただき、商品を売る仕事が自分には向いていないんじゃないか、と。また、20代前半がターゲットの商品展開をしていたので、このまま年を取ったときにいつまでも続けられるだろうか、とも感じていました。 そんな時、高校生の頃にアルバイトをしていた同僚が「西濃運輸で一緒に働こう」と誘ってくれました。実は、高校時代に物流会社で仕分けなどのアルバイトをしていたんです。今の仕事とは違うものの同じ物流業界。よし!復帰しようと転職を決めました。

復帰といっても、集荷・配送は未経験です。転職の決め手となったのは、ハンドルを握らない仕事なので事故の心配がないこと。そして、西濃運輸が大手企業で終身雇用制度や通勤手当、残業手当、などの各種手当も充実していることですね。将来に不安を感じていたので魅力的でした。学生時代は陸上競技で鍛えていたこともあり、きっと大丈夫!と未経験で飛び込みました。

スタッフ写真

風通しの良い職場

西濃運輸での仕事は、色々な企業様に訪問できるところ。大手企業だからこその信頼があり、お取引しているお客様の数も多い。自分の担当は、決まった企業様だけを回るルート営業ではないので、さまざまなお客様のところへ集荷・配達へ伺います。仕事を通じてたくさんの方とお話ができるのは、人と接する事が好きな自分に合っていますね。 初めて商品を届けに行ったお客様のところで、「これを届けてほしい」と逆に集荷の話をいただくケースも。営業的には「新規獲得」ですね。ただ、こういう時は、純粋にうれしいです。大手企業の信頼がベースにあるとしても、なんだか自分自身も信頼された気持ちになります。

ここで働いているうちに、西濃運輸に就職したい・正社員になりたいと思うように。キッカケは、エリアマネージャーに相談したときです。「こうしたほうが良いのではないでしょうか」と提案をしたときに、アルバイトの意見だからと無視することなく、丁寧にヒアリングしてくれ一緒に改善案を考えてくれたのです。そして、大事なのは、ちゃんと行動に移してくれたこと。現場で働くスタッフの声を大事にしてくれる、伝えやすい組織・社風をつくってくれていることに好感を持ちました。

ビジネスセンターの責任者として

仕事に楽しさとやりがいを感じて働いている様子が伝わったのか、今はビジネスセンターの責任者として働いています。所属スタッフは、自分を含めて3名。全員アルバイトですが、現場の声を聞いて改善してくれる社風ですから責任感を持って仕事をしています。責任者として、スタッフの集荷・配達のルートを決めたり、メンバーで連携を取って効率的に集荷・配送ができる工夫など、ここで経験を積んで、正社員になったときには即戦力!を目指しています。

スタッフ写真

正社員希望者が増えたらうれしい

メンバーから責任者になって一番の違いは、言葉の重みです。自分の言い方、単語のセレクトひとつで相手が受ける印象や理解度が変わる。言葉や態度が、メンバーのモチベーションや業務に響いてくる。商品を縛るバンドの留め方ひとつ伝えるだけでも、話す順番が違うだけで誤解を与えてしまったことも。まだまだ完璧にできていませんが、メンバーが迷わず動けるように、丁寧に伝えることを心がけています。 自分が正社員になれた時は、現在の風通しの良さをさらに良くしていきたいと思っています。私のようにアルバイトから正社員にないたい、と思ってくれる方が増える環境をつくれたら、最高ですね。

スタッフ写真
PageTopへ